読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事以外

仕事以外で興味のある諸々のこと

とびだせ どうぶつの森が楽しいです

とび森

とびだせ どうぶつの森にハマっている。こんなに楽しいゲームだったなんて!と正直驚いている。
DSのどうぶつの森が流行っていたときは、たぶんこれは私には楽しめないゲームだと思っていた。その当時(確か入社したての頃)の教育係的上司が家族でハマっていたらしく、仕事中によく何の虫はいつ取れるのかとか、どうやったら○×っていう魚は釣れるのかとかを調べさせられていた。虫取りとか面白くなさそうなゲームだなぁって正直思っていました。ごめんなさい。まぁそんな感じだったので、忘年会の抽選会で当時入手困難だったDSを当てたもののどうやって使えばいいかわからないおじさん上司から譲ってもらったDSがあったのだが、ついぞ「どうぶつの森」には手を出さなかった。というか、そのDSもほとんど使うことがなかったなぁ・・・(結局ほとんど使わないまま妹Bに譲った)
とび森を買ったのはCMやこの映像を見てちょっとやってみたいと思ったからだが、正直すぐに飽きるだろうと思っていた。これと類似のゲームが牧場物語 はじまりの大地ワールドネバーランド〜ナルル王国物語〜だと思うのだけれど、両方ともプレイしてみたがすぐに飽きてしまって続かなかったから。しかも本当に序盤の方で飽きていて、ぶっちゃけ全然その世界の楽しさをわかっていないと思う。でも楽しさを実感できるところまでやろうと思えない。どうぶつの森もそうなるかなと思っていたのに満喫している自分がいる。どうぶつの森が楽しくて、牧場物語やワーネバに飽きちゃうのはなんでだろうと思って、今日仕事だったんですけど食事休憩中に考えてみたところ、システムの時間経過に関係があるのではないかと言う気がしてきた。
牧場物語もワーネバも寝ると日が変わるし1日の経過も早い。だから1日で一気にいろいろ進められるというのが利点かなと思う。どうぶつの森は現実とまったく同じ時間軸で動くので、まあ本当に時間はゆったりだし、1日にできることも少ない。個人的にはこの「1日にできることに制限がある」的な部分がいいんじゃないかと思う。いや、アイテム集めとかしていると時間で採取できる虫とか魚とかが変わってくるので面倒っちゃ面倒だし、イベントなんて仕事しているとまったく参加できないまま終わったとか普通にあるし、ついさっきだって住人と18時に待ち合わせしたのにすっぽかしちゃったし、そういう点は結構面倒なんだけれど、「あ、いまちょっと空いているし村行こう」みたいに勝手気ままにいろいろできて、約束すっぽかしても住人が心配してくれるだけみたいなのは(友好度的なものは低下するらしいけど)心地いいです、基本自分勝手で他人に合わせられないんで。毎日少しずつ進めていくゲームと任天堂のホームページだったかに書いてあったけれど、その「少しずつ」というところが合っていたのかな。進められるときにバーッと進めると「やりきった感」を感じて飽きるんだろうな。
会社の後輩に勧めてみたところ彼女もハマってくれたので、仕事終わりとかに一緒にプレイして楽しんでいる。ローカル通信でお互いの村に行って、博物館を見学しっこするのが面白いです、個人的にすっごい楽しみです。初音ミクリズムゲームも楽しくて相変わらずたまに遊ぶけれど、とび森はまさに「こういうゲームがしたかったの!」に当てはまるゲームだった。
さて、イセエビ探しに行くかなぁ。