仕事以外

仕事以外で興味のある諸々のこと

多少の不満

スマートフォンいじりが楽しくて仕方ない。自分のニーズに合っているから便利だと感じるんだと思うんだけど、便利さに感動すぎてオススメしすぎてウザい人になっていると思う。
しかし、便利と言っても多少不満がある。
まず文字入力。自分が不器用だからだとは思う。親指が太いとか、せっかちすぎるんだとか、打つところや打ち方を間違えてるんだとか、もう自分どんだけ下手くそなんだとか思うけど、「あ」を打ったのに「え」が出るとかはして欲しくない。「え」方向は一番苦手で、いつも失敗するとこなのに、意図しないときに成功するとか悲しい。
しかし最近気づいた。フリック入力って片手を添えて機械を固定しておくと割りと失敗しない。私は右手の親指で入力しているのだが、携帯電話の感覚で右手だけで打っていると失敗ばかりだ。多分、機械の形や画面上で指をスライドさせるという入力方式が片手使いに向いていないのだろう。左手で機械の左側を持っていると安定するから失敗しないのかな。
そう考えると、携帯電話の方が道端でメール確認するとかのちょっとしたことに使うのに向いていると思う。私は両手操作は立ち止まってやりたいので、すぐにメールに返信したいときとかは困る。片手で頑張って打つけど、間違えまくるし落としそうだし、ただでさえ時間のかかる入力に余計時間がかかる。携帯電話はよかったなとか思ってしまう。
この片手入力に向いてないらしいのと、落としそうという恐怖は結構扱いづらさにならないかな。落とすことへの恐怖は、「電話ができるマイクロPC」みたいというのが大いに影響している気がする。折り畳みじゃないのも、かな?PCみたいだということは、落下の衝撃は即故障になりそうだし、折り畳みじゃないから落としたらパネルがバリバリになりそう。携帯がなきゃ生活できないわけではないけど、壊れてなくなったら相当困ると思う。落としたって大丈夫なように作ってあるんだろうけど、実験したくないしなぁ。
本を読みながら歩くのは怖くないけど、何かを両手で操作しながら歩くのは怖い。文字入力には早く慣れたいし、まだるっこしいな。こんなに苦労するなんて思わなかった。